人気ブログランキング |

イキアタリ


c0061159_23405960.jpg


行き当たり ばったり
と いう言葉の
潔さ と 無責任さ

量産され続ける スパムメールも
週末には 少しだけ減るという
現実 と 事実に対する
やるせなさ と 馬鹿らしさ

ちょっとだけ 愛着を感じる
その先にある 人間らしさ

そんなものに
マトモに 向き合うことの
勤勉さ と 飼い殺しさ

足を一歩
踏み出すことの
難しさ と 他者欲求


それ を 開けることの
恐ろしさ と 頼りなさ
あがない ト やるせなさ

明朝
また
寝惚けながら
目覚ましを止める君は
きっと
何かを
生き永らえさせる


# by gauche3 | 2019-05-31 23:49 | | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

アンモナイト


c0061159_0565070.jpg


軽い言葉を
幾つも積み重ねて
地層の中に
生きた証を埋める

ひょっとしたら誰かが
永遠に見まえぬ誰かが
その証を掘り起こして
くれないかな、と思って

バカなの?

最近観た深夜アニメで
そんな言葉が流れてきて
それはそれで
究極の褒め言葉なのかな?

そんなことを考えながら
終わりのない夢を見ている

君が僕に投げ付けた言葉は
きっと愛に溢れていたのだと
今更ながらに
やっと知り得たアンモナイト

# by gauche3 | 2016-02-13 00:59 | | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

想いを馳せる

c0061159_22302435.jpg

子供らがまだ幼かった頃、パン屋さんでキャラクターを模したパンを見つけると
大騒ぎしていたものだが、最近はニヤリとするばかりであまり興味も示さなくな
った。
まぁ・・二人とも二十歳を過ぎてしまったから、この歳でキャラパンに異様な興味
を示されたら、親の方がひいてしまうかも知れない(笑)

ひとり缶ビールを飲みながら、買って来たキャラパンを見つめ、
『トトロと言えば・・やっぱり森だよなぁ・・』
と思い、とても森とは呼べない僅かばかりの木々をバックにして、写真を撮って
みる。

家の隣に生産緑地があって、結構な数の銀杏の木が植えられている。
毎年この時期には緑地側にある窓が、どれも黄色一色に染まっているのだけれど、
今年はあまり寒い日が続かなかったせいか、中途半端な色のまま葉が枯れ落ち始
めている。
何故か例年はあまり気にならないぎんなんの実の臭いが、家の反対側の通りの方
にまで漂っている。
暖冬とぎんなんの実の成熟の仕方には、何か因果関係があるのだろうか?

↓ これは随分と綺麗だった一昨年の写真^^;
c0061159_22305033.jpg

「耳から食べるの?鼻から食べるの?」
そんな他愛もない話を真面目にしていた幼かった子供らも、今頃は何処かの街の
居酒屋で、誰かとビールを片手に、焼き鳥とぎんなんでも頬張りながら馬鹿笑いし
ているのだろう。
それはそれで喜ばしいことでもある。

c0061159_22312997.jpg

「孫だな・・孫・・」
いつかまた、一緒にキャラパンを食べてくれる未だ見ぬ存在に想いを馳せる。
寒くなって来たから、早く部屋に入って来いという女房の声がする。

両耳をちぎって食べる。
トトロはドングリにしか見えなくなった。


皆さま、良いお年をお迎えください^^

# by gauche3 | 2015-12-30 22:40 | ひとりごと | Comments(2)

『マッピー』用ボーダー

引き戻すもの


c0061159_22554412.jpg


磁石を持たず
薄着のまま
樹海に踏み込む

そんな表情の人に
何度か
出会ったことがある

歌舞伎町の
裏路地の
その また奥の
裏路地に立つ
怖そうな
お兄さん

殴りかかって
みればいい

あなたが
本当に
死にたいのならば
そんな
お兄さんに

終電を無くした居酒屋で
隣の席に座る背広人が
樹海について語る

舛酒の脇に置かれた
"もずく" くらいに
軽い感じで
リスクヘッジという
重過ぎて
軽すぎる言葉で

右や左や
上や下や
君や僕や
誰かや知人

立場が異なる
立ち位置から見れば
おそらく どちらも
大して
変わらないのだけれど

僕や君は
そんなことにも気付かずに
少しずつ
殺されているのかも知れない

長く生きていると
こんなことも あるんだよね
きっと

恐い?
よね?
どっちに転んでも

そもそも
人間であることが
おんなじような
両極だから?

誰かに
尋ねたかったのは
どう生きればいいの?
なんてこと
いまさらどうでもいいこと?

って、いうか
単純過ぎて
複雑過ぎる疑問

でも
誰も
答えられない疑問

中途半端を許さない
樹海とお兄さんには
決して
尋ねられない言葉

でもね
ホントは怖いんだよ
樹海も
お兄さんも
自分が無くなることでは無くて
己を亡くした後にでも
不覚にも愛してしまった
誰かが
生き続けていることが

だから
勇気のない僕は
生き続けてみようと決めた

だって
引き戻そうとするから

生きることを
強いるなにかが
こうやって
君と僕を
引き戻そうとするから

# by gauche3 | 2015-10-31 23:01 | | Comments(4)

『マッピー』用ボーダー